プロデューサー養成科 本文へジャンプ

カレンダー

受講費用

お知らせ


本気で音楽で食べていきたいなら、やはり目指す最終目標はプロデューサー!

音楽をプロデュースするプロデューサーは音楽知識、音響知識、作詞・作曲能力が
全て求められます。そしてその上で、イベント制作能力や著作権に関する法律知識
なども求められるのがプロデューサーです。その全てを、プロのプロデューサーが懇切丁寧に教えます。もちろん他の科よりも習得には長い時間がかかりますが、
本気で音楽業界で長期に渡って仕事をしていきたい人に最適な受講科です。

知識は法律にまで及び習得
 たとえばプロ用のワイヤレス・マイクを使うために
 電波法をきちんと勉強したり、著作権等に関する
 法律もきちんと習うことにより、現場での労務管理
 責任者としてのプロデューサーに必要な知識や、
 技術を習得します。また、そのワイヤレス機器など
 は操作方法も含めエンジニアとしての仕事も覚え、
 知識や技術に偏りが起こらないように徹底指導して
 現場での即戦力を育てます。

現場での実践
 レコーディングの現場での実習を通じて、どのように
 楽曲制作の仕切りをしていくのかを、現役のプロの
 プロデューサーによる直接指導が受けられます。

ミキシングも自分で手がけるプロデューサーを育てる
 プロデューサー自身がミキシングを自分で行う能力
 を身につけていけば、表現者としての幅が飛躍的
 広がります。そのための技術も習得します。
 

プロの現場へ直結
  プロフェッショナルを育てる現場主義。でも、もちろん
  アマチュアだってプロデューサーを夢見て頑張れる。
  楽曲制作だけではなく、ライブ制作も学べます。

プロのミュージシャンとのコミュニケーションを学ぶ
  プロデューサーにいちばん求められるのは、プロの
  ミュージシャンたちとのコミュニケーションを、いかに
  きちんと取れるかです。そのための知識を学びます。

                     

                      copyright©2011 Office Ray - MUSIC ACADEMY all rights reserved.


   

CLASS ページへ